転職活動では第一印象がとても大事

 転職する際に一番重要なことは、企業側がどのような人材を必要としているのかをしっかりと把握するということに尽きると私は考えています。これは、転職を希望する企業の下調べをしっかりとし、どのような業務をどのようにこなして欲しいのかを分析するということを意味します。この分析が、企業側の求める人材と一致すれば面接などの転職活動で好印象を与えられることは間違いありません。

 

 しかし、これだけで転職活動が上手く行くかと言えば、そうでもありません。実際、上記の程度のことは、真剣に転職活動に取り組んでいる人であれば、当たり前のように実践していることです。つまり、ライバルも同じことを考えているということです。

 

 では、ライバル達の一歩先を進むためにはどうすればよいのでしょうか。そのために重要なことは、相手(企業側の採用担当者)にとって気になる存在になることなのです。と言っても、どうすれば気になる存在になれるのでしょうか。とても難しそうですね。でも、実は誰でも実践できることで、且つ人が生活する上で普段から実践していることでもあるのです。

 

 それは何かと言いますと、「身だしなみ」や「言葉使い」、「表情」、「受け答え」などなど。つまり、第一印象や人柄を決定づける要素が非常に大事なのです。

 

 もちろん業種や職種にもよりますが、基本的にどんな仕事も人との係わり合いが少なからず存在します。どんな人と仕事をしたいかと問われれば、恐らく多くの人が良好な人間関係を築ける人と仕事をしたいと思うはずです。このことは、もちろん採用担当者にとっても同じなのです。

 

【参考サイトのご紹介】
40代の仕事探し|キャリアアップ完全ガイド
40代の仕事探しで大切なこと分かりますか?

 

 私は冒頭で、企業側が求めている人材を把握することが重要だと述べました。この企業側が求める人材の多くの部分を第一印象や誠実さなどの人柄の良さを占めているといっても過言ではありません。思うように転職が上手くいかない方、もしからしたら、第一印象や人柄という点のアピールが少し不足しているのかもしれません。