40歳以上の転職で成功するために必要なこと

40歳以上の転職は本当に難しいのでしょうか

 

 40歳以上ともなると、転職に対して保守的となり、今の会社にしがみついていた方が得策ではないかと考えがちですが、自分がやりたくない仕事をずっと続けていたり、不満を腹に隠したままその会社にい続けることも、問題であるように思われます。

 

 20代や30代といった方々に比べ、たしかに求人自体が少ないといった現実はありますが、40代からの転職でも、成功につながるためのポイントというのはいくつかあるのです。

 

40歳以上の転職で、成功するためのポイント

 

 40歳以上での転職の場合、20代や30代の方々に比べむしろ有利なのは、公私ともに人脈があるということです。同年代の友人や知人が、他社の重役ポストについていたり、採用に関した権限を持っているなどといった場合も少なくないのではないかと思います。

 

 また、直接の友人や知人にそうした人たちがいなかったとしても、そのまた友人や知人にはいらっしゃるかもしれません。40歳以上の転職の歳、縁故での転職割合は各社で多いのが特徴です。ご自分の人脈を最大限に生かさない手はないのではないでしょうか。これまでの取引先などの名刺を整理したり、実際に会ってみるなどしながら、転職につながるチャンスを自らゲットしましょう。

 

 次に有効なのは、人材紹介会社や各都道府県にある人材バンクを利用することです。企業によっては相当レベルのキャリアをもった方やマネジメント経験者などだけを求めている場合もあります。

 

【お役立ちサイト】
40代の仕事探しに大切な転職活動術
40代の仕事探しは簡単じゃない?仕事探しのコツ知りたい方集合!

 

 こうした企業では、人材紹介会社や人材バンクに登録された求職者資料も頻繁にチェックしている場合もあるため、こうした施設を理由するのは有効です。それでもご自分が希望する求人がない場合は、希望する企業の採用担当者宛に手紙を書くなどして、想いを伝えてみましょう。何もしないよりは行動する方がなんらかのことがわかるはずです。ぜひとも諦めずに挑戦してください。